業界と会社を知る

キャリアステップ

CAREER STEP

スペシャリストから、
目指したいキャリアへ。

東京ガスパイプネットワークでは、配属された業務区分において、社員一人ひとりの専門能力を高めるとともに、さらなる上位スキルの修得・キャリアのレベルアップを目指すため、複数の業務区分を経験し、能力の幅と将来目指したいキャリアの可能性を広げていきます。業務区分をローテーションすることで、個人の適性を見極め、業務全体を見る目を養います。ローテーションについては、キャリア形成の観点をはじめ、組織の人財配置の適正化、組織活性化等の観点も総合的に踏まえながら実施します。期間については、社員一人ひとりの経験値・習熟度を考慮しながら柔軟に運用します。
キャリアのイメージは大きく3つ。ひとつは、後輩に対し技術・技能を確実に伝承し育成していく、実務の要を担うリーダー的存在。もうひとつは、強い現場づくりを担ってきた経験を活かし、組織の管理者として現場組織を牽引していく存在。さいごに、現場業務で培った極めて高い専門能力や共通能力を活かし、施策立案などで組織を動かしていく存在。しかし、設立からまだ新しい会社であるため、まだ見ぬ業務区分や組織の中でのあり方が生まれてくることも予想されます。どんなキャリアを目指し実現していくかは、自分次第です。
区分内
育成期
配属された業務区分で専門能力を高め、上司等の助言を得ながら業務を遂行できることを目指す。
経験拡大・
選択期
新たな職場を経験することにより、キャリアを拡大し、特定の業務において、指導できる技術・技能の習得を目指していく。
業務貢献
拡大期
能力・適性をもとに自らのキャリアイメージを明らかにし、高い成果を出して組織に貢献することを目指す。

図版は左へスライドできます

※2021年4月時点

エントリーENTRY